スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地味だけど肉食

まだちょっと暑い日もありますが、10月に入りました。
今年は暑すぎたり、疲れて体が動かなかったり(・・って、これはいつものことか)で撮影機会が減りました。
まぁともかく、これから週末は爽やかな秋晴れの日が多くなるといいなと思います。



産卵にやってきたゴイシシジミ
タケ科の植物なら、あちこちにあるし・・と思って今まで特に探してはいなかった本種。
今回初めて見ることができました。それもたまたま。(撮影は先月です)
特定のアブラムシがいないと生きられないだけに、発生する場所も限られるのでしょうね。



凱旋門賞の馬券が買えると聞いて調べたが・・ネット投票のみか。orz
スポンサーサイト

猛暑つづき

先月になりますが、一度見てみたいと思っていた、あるトンボを撮影することができました。

それがこのハッチョウトンボです。(京都府では準絶滅危惧種)


オス


メス

何度か来たことのある場所でも、いつもは見に行かないところまで足を運ぶと、いるわいるわ・・。
他にも今まで見逃しているようなとこって、たくさんあるんでしょうなぁ~。(ぱてさん、おおきに)

ちなみに、写真では分かりにくいですが、大きさは一円玉と同じくらいしかありません。
でも、姿かたちはまぎれもなくトンボ。これからも生き残って欲しいものです。



それにしても暑すぎる・・。これでは外へ行く気がしまへん。
ほんま35度オーバーはあかんて。せめて32度ぐらいで抑えてくれへんかのぉ~。

梅雨の合間に

昨日は貴重な晴れ間になると聞いたので、久しぶりに近所の里山などを見に行ってきました。



トホシオサゾウムシ
ボケてるけど初めて撮影したので紹介。
ゾウムシと言うと落ちて逃げるイメージが強いですが、本種はよく飛ぶのだそうです。


キマダラセセリ
なかなか逃げずにいたので、ゆっくり撮れました。まだ出てきたばっかりなのかな。


シロコブゾウムシ
灰色の粉で覆われているため白く見えるだけで、実は黒い体をしてるのだとか。


シロスジカミキリ
木の葉にぶら下がっていたのを発見。撮りにくいので捕まえて地面に。
やっぱり大きくてかっこいいヤツですね。


ホシミスジ
そういや羽を閉じた状態の写真って撮ったことないかもしれない。


ヨツボシホソバ(メス)
蛾の一種。三ツ星に見えるけど、羽を開くとちゃんと星が四つあるみたいです。
オスには星がなく羽は灰色をしています。


エグリトラカミキリ
出ました。おなじみのやつです。トゲははっきりしないけど間違いないでしょう。


もうあと2週間足らずで今年も半分終わり、祇園祭が始まります。早いもんだ・・。

平安貴族の色

雪道を求めて出かけるつもりが、仕事に疲れて動く気になれず4月も半ば・・。
とりあえず桜でも見てこようってことで、久しぶりに平野神社へ行ってきました。



御衣黄櫻(ぎょいこうさくら)
野菜かと思うような色をしていますが、これも桜の一種です。


大内山
どこでも見かけるソメイヨシノより、かなり大きくて迫力があります。


他にも何種類か撮ってはいたけど、いまひとつだったのでこれだけです。
なかなか難しい・・、というか上達せんなぁ~ワシ。

行者道を歩く

またまた間が開きまして、気が付けば年も変わってしまいましたが、
今年も超スローペース更新なブログを、どうぞよろしゅうに。

んで、今回は年明け早々に雲母坂(きららざか)からのルートで比叡山に登ってきた模様をお送りします。



これがスタート地点の雲母橋。最寄のバス停から音羽川沿いをしばらく歩いたところにあります。
砂防ダムの補強工事のため重機が入っておりましたが、登山には影響ありません。


橋を渡って少し進んだら、いよいよ山道に入るのですが・・、なかなかこれがハードなのです。

なんせ、こんな道ですから。













・・さすが行者道なだけありますね。


えぐれた道をクリアすれば、ほどなくしてこの水飲対陣跡碑に到達します。
標識を右に行けば瓜生山方面、左に行けば赤山禅院、直進すれば山頂方面の分岐点でもあります。


登山道の脇にある、お地蔵さん。比叡山に来たら、必ずここ通ってる気がする。


左に行けば千種忠顕の石碑。ここは直進します。


分かりにくいけど、ここも分岐。右に杉林を進む新ルート。このまま直進して旧ルートをとりました。


旧ルートはこんな感じ。杉林より明るくて楽しいので、新ルートは1度しか行ったことありません。


ケーブル比叡駅が見えてきました。駅に着いたら眺望がきくので、登りきったような気分になりますが
本当の山頂はまだ先にあります。もうひとふんばりしましょう。


ロープウェイのルート直下をくぐりぬけて進むこと5分ほど。スキー場の跡地に出ました。
とここで左に目をやると・・、あれぇ~?


更地になってますやん。2014年の秋に来たときは、まだ施設が残ってたのに。 → こんなやつ
このあとどうすんのやろ。


スキー場跡地を横目に進むこと10分ほど。駐車場に出てきました。ようやく山頂が目の前に。


あとは駐車場の脇を


進んでいけば


山頂に到着です。でも、なーんも見えません。うぬぬ・・。しかもめっちゃ寒い。


こちらが三角点。標高は848.3mです。


以前紹介した地蔵山と同じく一等三角点です。


どえらい寒波が来たので、次は雪道歩きができるかな。
プロフィール

やま・ん?

Author:やま・ん?
地元京都で昆虫などの生き物を探索
したり写真を撮ったりしています。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。