FC2ブログ

150年ぶり

昨日、祇園祭で150年ぶりに復興した大船鉾(おおふねほこ)を見に行ってきました。
でも残念ながらビニールがかけられていて、魅力半減って感じでした・・。

後部舳先部分
ここに御神体が納められるのかな。飾り付けられているものは大金幣というそうです。


側面
その名のとおり、見た目は船そのものでした。


京都も梅雨が明けて夏本番。既に暑いけど、さらに暑苦しい日々が続きそうです。

峠の甲虫たち

先週、標高800メートルを超える、とある峠まで探索に行ってきました。
高いところへ行くと山地性の生き物も見られ、真夏でも平地に比べたら涼しいのがうれしいですね。



ニイジマトラカミキリ
この日いちばん多く見られたカミキリ。似た模様が多い中、同定しやすいほうだと思います。


ハサミツノカメムシ(メス)
オスにはその名のとおりハサミのような突起がついてるらしいので、一度見てみたいです。


ウスイロトラカミキリ
少々暗いところにいたのでフラッシュたいてます。「薄色」なだけに、ニイジマと比べると地味ですね。


マスダクロホシタマムシ(メス)
伐採された杉の木で産卵しているところを発見。ちょこまかと動き回るため撮影しにくかったです。
強い日差しに負けて少し避難しているあいだに飛び去ってしまった・・。


シラホシカミキリ
羽についた白い紋がきれいなカミキリ。何度か飛んだけれど、幸い遠くへ行かなかったので撮れました。


この日、初めてヤマビルにとりつかれました。(と言っても靴にですが・・。)
山深いところへ行くと、出会いたくない危険な生き物もいるので気をつけましょう。

甲虫ざんまい

先日の日曜日、久しぶりにぱてさんと市内のとある山へ探索に行ってきました。
思ったより早く雨が降ってきたので(しかも結構な雨量・・。)ちょっと消化不良でしたが
いろんな甲虫を発見、撮影することができました。



ノコギリクワガタ(大歯型)
ぱてさんが会心の一撃を食らわしたところ、メスと一緒に落ちてきました。
赤みの強い固体で、なかなか立派なアゴをしていました。


ノコギリクワガタ(小歯型)
なんかいないかな~と歩いていたら突然、目の前に落ちてきた固体。
本種は体の大きさによってアゴの形状が変化します。


ヒラタクワガタ(メス)
これまた足元を徘徊していたところを、ぱてさんが発見。


キョウトアオハナムグリ(オス)
カナブンのような金属光沢もきれいですが、こちらもシックな装いでいいなと思います。
この日はオス・メスとも何頭か見ることが出来ました。


ムツボシタマムシ
伐採された木についていました。
一見、地味な感じですが、羽で隠れて見えない部分は金属光沢のある緑色という、おしゃれさんです。


いま来ている台風が通過したら、ぼちぼち「梅雨が明けたらしい」宣言が発表されるかな。
プロフィール

やま・ん?

Author:やま・ん?
地元京都で昆虫などの生き物を探索
したり写真を撮ったりしています。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR