FC2ブログ

目にアオバ

またまた、ぱてさんと2週にわたりアオバセセリなどを探索しに行ってきました。



アオバセセリ
セセリチョウ科の中では一番きれいな本種。
もっと青羽(あおば)なところが撮れればと思いつつ、なかなかこれが難しい・・。
幼虫はインパクトのある色をしているので、いつか見てみたいです。


キンモンガ
以前にも紹介していましたが、より近くで撮れたので。


イカリモンガ
こちらもキンモンガと同じく日中に活動して花を訪れる蛾です。


チュウブマヤサンコブヤハズカミキリ(メス)
カミキリでもおらんかいなと倒木などを見て回っていたら、ガッツリかじりついてはりました。
以前から見つけてみたいと思っていたカミキリに、ようやく出会えました。

この機会に、できればオスも見てみたいなぁと思って探していたら・・。


チュウブマヤサンコブヤハズカミキリ(オス)
いてました。なんてラッキー♪


この調子でもっとおらんかと探しましたが、さすがにそれは無理でした。
次は「叩いてポトッ」を体験したいものです。

こんまいシリーズ

先週の連休中に、再びぱてさんと市内を探索してきました。
普段はただ通り過ぎるだけの道路わきでも、ちょっと足を止めて眺めていると・・。



ヒメホシカメムシ 12ミリ


アオハムシダマシ(赤銅型) 9~12ミリ


ヒメジョウカイ 8~11ミリ


クビボソジョウカイ 9~12ミリ


コフキゾウムシ 5ミリ


ヒメクロオトシブミ 5ミリ


オオアカマルノミハムシ 5ミリ


マダラアシゾウムシ 15ミリ


シロオビナカボソタマムシ 6~9ミリ


リンゴコフキゾウムシ 8ミリ


2センチ足らずのちっこいヤツらが、いるわいるわ。

春の探索・その2

前回の続きです。特に珍しいのはいないけれど・・。



ヤマトシリアゲ(メス)
過去に紹介したオスとは違い、腹部の先端は細くてサソリのように上がってもいません。


ツチイナゴ
成虫で越冬するバッタ。無事に冬をやり過ごせてよかったね。


ジョウカイボン
ジョウカイボン科も結構な数がいるみたいなので、探すとおもしろいかもしれません。


ダンダラチビタマムシ
大きさはクズノチビタマムシと同じくらいの3~4ミリ。ぱっと見「これ、虫か?」ってなります。


トラフコメツキ
「トラフ」と付く虫は派手なイメージがあるけれど、コメツキムシだと渋めになるんやね。


オオセンチコガネ
ご存知、自然界の掃除屋さん。今回も低空を飛んだり、地上を徘徊したりしておりました。


メタリックで綺麗な色をしているのでコレクターも多いようです。


今シーズンは探索の合間に登山にも行ってみよかな。
プロフィール

やま・ん?

Author:やま・ん?
地元京都で昆虫などの生き物を探索
したり写真を撮ったりしています。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR