FC2ブログ

行者道を歩く

またまた間が開きまして、気が付けば年も変わってしまいましたが、
今年も超スローペース更新なブログを、どうぞよろしゅうに。

んで、今回は年明け早々に雲母坂(きららざか)からのルートで比叡山に登ってきた模様をお送りします。



これがスタート地点の雲母橋。最寄のバス停から音羽川沿いをしばらく歩いたところにあります。
砂防ダムの補強工事のため重機が入っておりましたが、登山には影響ありません。


橋を渡って少し進んだら、いよいよ山道に入るのですが・・、なかなかこれがハードなのです。

なんせ、こんな道ですから。













・・さすが行者道なだけありますね。


えぐれた道をクリアすれば、ほどなくしてこの水飲対陣跡碑に到達します。
標識を右に行けば瓜生山方面、左に行けば赤山禅院、直進すれば山頂方面の分岐点でもあります。


登山道の脇にある、お地蔵さん。比叡山に来たら、必ずここ通ってる気がする。


左に行けば千種忠顕の石碑。ここは直進します。


分かりにくいけど、ここも分岐。右に杉林を進む新ルート。このまま直進して旧ルートをとりました。


旧ルートはこんな感じ。杉林より明るくて楽しいので、新ルートは1度しか行ったことありません。


ケーブル比叡駅が見えてきました。駅に着いたら眺望がきくので、登りきったような気分になりますが
本当の山頂はまだ先にあります。もうひとふんばりしましょう。


ロープウェイのルート直下をくぐりぬけて進むこと5分ほど。スキー場の跡地に出ました。
とここで左に目をやると・・、あれぇ~?


更地になってますやん。2014年の秋に来たときは、まだ施設が残ってたのに。 → こんなやつ
このあとどうすんのやろ。


スキー場跡地を横目に進むこと10分ほど。駐車場に出てきました。ようやく山頂が目の前に。


あとは駐車場の脇を


進んでいけば


山頂に到着です。でも、なーんも見えません。うぬぬ・・。しかもめっちゃ寒い。


こちらが三角点。標高は848.3mです。


以前紹介した地蔵山と同じく一等三角点です。


どえらい寒波が来たので、次は雪道歩きができるかな。
プロフィール

やま・ん?

Author:やま・ん?
地元京都で昆虫などの生き物を探索
したり写真を撮ったりしています。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR